によって追加されました

以前のようにジャンプできますか? 

こんにちは♪
今日はとても気持ちの良い秋晴れでしたね!!

朝からあまりの心地よい空気に気持ちがスッキリ。

幸せとともに、
この季節、本当に好きだな
と感じました。

あまりのウキウキ度になぜか飛んでみたくなり、
目の前の草を飛び越えよう!!と飛んでみました。

そしてガックリ。。。_| ̄|○

全然飛べない・・・

本当にどれくらいぶりの『飛ぶ』動作だったことでしょう。

もし私がジャンプする(といっても草を飛び越えようとしただけですが)ところを見た方はどう見えたかはわかりませんが、
何年も何年も飛ばないうちにバネを失っていました・・・。

軽やかに動けていた遠い過去の自分とのギャップ。

そうだよね。
とわかっていますが、なんとなくショック。

たまに『子供の運動会でお父さんが思うようにパフォーマンスできず思わずケガをしてしまう』など
【昔のように体は動かない】というエピソードがよくありますが、まさにソレです。

いつもいつもこの体で自分を生きているし、普段の生活で特に困っていなかったりします。

が、自分の生活習慣にない行動は基本しないとなると、使わない筋肉は硬くなったり衰えてゆくんですよね。
そしてそのことに気づかない。

いつの間にか自分の体が変化していっていることにも気づかなかったりするんですよね。
そしてある時何かのキッカケで気づく・・・。

思うように飛べなかった私が言うのもなんですが、
元気に自分らしく生きていこうと思ったら、体はやっぱり資本です。

動ける体はそれだけ行動も広がっていきますし、
動きづらくなっている体は自然と行動も狭まっていたりします。

つまり、大げさに感じるかもしれませんが、自分の体の状態に気づいているのと気づけていないのでは、少しづつ生き方が変わってきたりするんですね

だから、たまにご自身の体の声に耳を傾けてみてください。

ストレッチしたとき体が気持ちよく伸びていますか?
階段を上るとき足が重く感じていませんか?
朝起きた時、疲れが残っていたりしていませんか?

もし、ちょっと体が重いな、疲れているなと感じたら、ご自身のお体とコミュニケーションするタイミングかもしれません。

上に戻る